一戸建ての性能

最近の一戸建ては、大地震が起きてもすぐ倒壊すると言うことはほぼ無いと言ってもいいでしょう。だからと言って、被害を全く受けないと言うわけではありません。地震による火災や余震によって被害は拡大します。家具の転倒による被害も多いです。 ですから、一戸建ての耐震性を高めるだけではなく、安全に素早く避難できる間取りを考えることが重要になります。2階には避難はしごや避難ハッチを設置するのもいい方法です。 また、安全に素早く避難できる間取りの一戸建てを建てても、避難ルートに大きな荷物や倒れやすい家具を置いていては意味がありません。倒れやすい家具は金具で固定することです。そうすれば、地震の際に被害を少なくすることができます。

近年、国内で大地震が何度か発生したことで、一戸建てを建てる際に地盤調査をする人が増えてきました。昔は、現在のように地盤調査までする人は少なかったです。費用が余分にかかりますし、周りの人の情報でよしとする人がたくさんいました。 軟弱地盤に一戸建てを建てた場合、地震の被害が大きくなると言うだけでなく、不同沈下が生じる可能性が高くなります。修理費用が膨大になってくるので、地盤調査を重要視する人が増えたのです。 また、土地だけでなく建物の耐震性を高めたいと考える人も増加傾向にあります。建物の耐震性を高めるには、耐力壁と呼ばれる丈夫な壁を入れることが多いです。費用はかかっても、安全の方が大事と言う考えが広がりました。