狭い土地の建築

都会や入り組んだ昔ながらの団地の中には当然一区画の面積が小さい狭小地と呼ばれる土地も少なくありません。都会だけでなくても造成の仕方によっては狭小地と呼ばれる土地も多くあります。狭小地というのは一般的には15坪程度の面積の土地のことを言います。建築会社などでは20坪程度の土地でも狭小地として扱うこともあるなど正確な定義はありませんが、一般的には住宅を建築するのが困難な土地である場合も多いのです。更に前面に道路があり残り三面は住宅に囲まれていてその住宅も協会ぎりぎりまで隣接しているような建築面からすると悪条件となる敷地も多いのです。 とはいえ、こうした狭小地は周辺の土地価格の相場よりも一坪当たりの価格が安くなることも多く場合によってはお得に住宅建築ができるのです。

土地に合わせて住宅を建築する場合もあれば住宅にかける費用と土地にかける費用を考慮した場合土地の条件が狭小地となってしまうなど様々な理由で狭小地を選択する人がいます。周辺の土地相場と比較するとかなりお得に購入できるとはいえこうした特殊な土地に効率よく住宅を建築するのは非常に技術がいることです。ですからこうした土地を購入した人の多くがより自由度のある設計事務所や一部の工務店での注文住宅を計画します。設計事務所での建築は高額な設計料が必要になるなど高額になる傾向にあります。しかしハウスメーカーなどのある程度規格化された住宅では土地の利用効率が一ぢるしく落ち、結果住宅までせせこましいものになってしまうのです。